スラッシュキルトについて

スポンサーリンク

ストレートスラッシュキルト

出典:クローバー株式会社

スラッシュキルトをご存知ですか?

初めて見た方は「どうやって作るのだろう」と興味津々になります。私もそうでした(笑)
ベルベットのような肌触りですが、もちろんベルベット生地は使ってません。
冬に使いたくなるようなキルトです。

スラッシュキルトの作り方はピースワークやアップリケなど他の技法のキルトとは全く違う作り方をします。
ポーチなどの小物や上着は4枚、バッグなどは5枚の布を重ねてミシンをかけて、切り込みを入れた後、水洗いして起毛させるキルトのことです。
スラッシュキルトに適した生地はシーチングです。ブロードやフリースなどの生地は織り糸の目が詰まっているため、洗っても起毛しにくいので向いていません

◇2種類のスラッシュキルト◇

 スラッシュキルト

基本はシーチングの無地を4枚重ねます。

(1)一番上の布に格子の線を引き、4枚重ねてその格子線どおりにミシンがけします。

スラッシュキルト

(2)土台布を残して上3枚の四角の中をバツ印にカットしていきます。

スラッシュキルト

(3)切り残しが無いのを確認して水洗いします。乾かして出来上がり!

スラッシュキルト

*起毛が足りないようなら、乾かす途中でドライヤーをかけながらブラッシングします。

ストレートスラッシュキルト

基本はシーチングの無地を4枚重ねます。一番下の土台布は、ほかよりも周囲1~1.5㎝大きめに裁つとカットする時に楽です。

(1)45度の角度で線を引き0.7㎝間隔にミシンで縫っていきます。

ストレートスラッシュ

(2)0.7㎝の真ん中を土台布を残して上の3枚をはさみでカットしていきます。専用のスラッシュキルト用カッターがありますので、断然使った方が便利です。

ストレートスラッシュ

(3)切り残しが無いのを確認して水洗いします。乾かして出来上がり!

ストレートスラッシュキルト

*起毛が足りないようなら、乾かす途中でドライヤーをかけながらブラッシングします。

☆1枚目にプリント柄を使いたいとき☆

大柄ではっきりした色・柄を選んだ方がいいです。また、柄をよりはっきり出したいのであれば、2枚目にも全く同じに重ねます。
複雑な模様は、出来上がりがぼやけてしまいその柄を生かしきれません。

アレンジする場合の注意点

バイヤス方向にカットすることで、それ以上糸がほつれないのがスラッシュの特徴です。
曲線を出したくなった時は、比較的ゆるやかなカーブにしてなるべくバイヤスラインから外れないようにしましょう。
また斜めではなく、縦・横にスラッシュを入れたい場合は、(一番下の台布以外)重ねる布の目地をバイヤスで裁てばほつれません。

では、本日は最後まで読んで下さり有難うございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする