ストリングキルトの立つペン入れ

スポンサーリンク

ペン立て完成

ストリングキルトとは

 ストリングキルトは、もともと布のみみや裁った後の端切れを生かすために考えられた手法です。台布に次々と縫い付けていくので手軽にできます。

決まったデザインもなく長さも気にしないで、どんどん縫い付けていく自由さはクレイジーキルトに似ています。でもストリングキルトは縫い合わせの部分に刺繍はしませんので、もっと簡単です。

◇パッチワーク初心者の方向け◇

パッチワークを初めてやる方に最も向いている縫い方です。

①台布に始めの布を外表に置いて軽くしつけします。
②①の布に2枚目の布を中表に合わせて台布ごと縫います。
③表に返して、アイロンで整えます。3枚目以降も同様に縫っていきます。
④全部の布を縫い終えたら、型紙をあててその周囲をカットします。
⑤④のトップ布とキルト綿と当て布を重ね3層にしてキルティングしたら作品にします。

私がよく作るストリングキルトは長細くカットしたものをプレスキルトします。

プレスキルトとは、台布の上にキルト綿をのせてその上にストリングを縫い付けていく手法です。

今度友達とランチをするので、ストリングのプレスキルトで、立つペン入れをプレゼントしようと思い作りました。そのペン入れは手芸の本を参考にしました。

画像とともに作り方をご説明しますね。上で説明した内容がよりわかりやすくなると思います。「台布」を「台布+キルト綿」に変えただけです。

ストリングキルトの立つペン入れの作り方

まず、ストリングの長い布を5~6種類と 台布+キルト綿 を用意します。

ストリングキルトの材料

①台布に始めの布を外表に置いて、次に2枚目の布を中表に重ねて端から7㎜をプレスキルトします。

ストリングキルト作成

②①を表に返して、アイロンで整えます。3枚目以降も同様に縫っていきます。

プレスキルト

③必要の長さ分ストリングをプレスキルト出来たら、次に下の布を同じように縫い付けます。

プレスキルト完成

④全部の布を縫い終えたら、型紙をあててその周囲をカットします。

プレスキルト

⑤ペンケースの本体が出来ました。下の無地の布にお好みでレースやリボンをつけてもいいですね。

ストリングキルト

⑥すべてのパーツを作ってそろえます。

ストリングキルト

⑦本体にチェックのマチをつけたらぐるりとパイピング(バイヤスで端を始末)します。

ストリングキルト

⑧底をまつり縫いして付けたところ。

ストリングキルトペン入れ

⑨ファスナーを下から半返し縫いで付けていきます。

ペン入れファスナー付け

⑩最後ファスナーの端がぺらぺらしないようにXにかがっていきます。

ペン立て完成

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ちゃんと立ってくれました(笑)

いろいろとペンを入れてしまったら倒れそうですが、手作りという事で勘弁してもらいます。

ストリングキルトはとっても簡単で作りやすいですよ。初心者の方には先ず体験で作ってもらう手法です。皆さんも端切れでいいのでチャレンジしてみてはいかがですか?

では本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする