初めてのリボン刺繍|基本的な刺し方

スポンサーリンク

11月に入り、私の担当しているパッチワーク講座に2名の方が作品を作りたいと有り難いことに希望されて、開講することになりました。

今回はパッチワークというより、特殊なキルト・ストレートスラッシュキルトのポシェットとポーチです。

今回のテーマは、ストレートスラッシュキルトの作り方とそのキルトを使ってものを仕立てるということがメインですが、皆さんリボン刺繍の方にも興味津々!!といった感じです。

リボン刺繍は、普通の刺繍とは多少異なりとても早く完成を見られるところが魅力です。
このポーチを作るのに、まず最初にストレートスラッシュキルトを作ったら、次にリボン刺繍を完成させます。
では、まずこのポーチにステッチした刺繍のうち、よく刺す3つの刺し方をご説明します。

<リボン刺繍の始める準備>

リボン刺繍は、刺繍糸の玉止めのような結び目を下の方法でします。

リボン刺繍

①リボンを2針刺します。

リボン刺繍

②刺したリボンを引いて最後、輪にリボンを通し引きます。

しかし、目の粗い布は上の方法だとするっと抜けてしまう場合があります。そんな時私は普通に玉止めをしてしまいます。凸凹して表に響くようならよくないですが、出なければいいのかなと思います。


スパイダーウェブローズステッチ(芯糸奇数)

リボン刺繍は7㎜のリボンを使用します。

花の芯の刺し方

①お花の芯は刺繍糸3本で刺します。

リボン刺繍ローズ

②リボンを芯に近いところから出します。

リボン刺繍ローズ

③刺繍糸の上、下とリボンを通していきます。

リボン刺繍ローズ

④一周しました。

リボン刺繍ローズ

⑤ぐるぐると繰り返していきます。

リボン刺繍ローズ

⑥出来上がりです。

フィッシュボーンステッチ(3針の葉)

リボン刺繍は3.5㎜のリボンを使用します。

①葉の上からリボンを出します。

リボン刺繍葉

③葉の下あたりをリボンから刺して、最初に出した所より斜め左下に出します。

リボン刺繍葉

③また葉の下あたりを刺して最初に出した所より斜め右下に針を出します。

リボン刺繍葉

④葉の下を同じように刺します。

リボン刺繍葉

⑤葉の出来上がりです。

リボン刺繍葉

フレンチノット

リボン刺繍は3.5㎜のリボンを使用します。

①針をリボンの下から入れます。

リボン刺繍

②針にリボンを1回巻き、リボンを抑えて針を布に刺します。

リボン刺繍

③針を直角にして立て、巻いたリボンを引きます。

リボン刺繍

④出来上がりです。

リボン刺繍

*リボン刺繍は、リボンの引き加減がとても重要です!

ぷっくらとさせたい場合は絶対引きすぎてはいけません!

リボン刺繍のリボンの引き加減

上の2つのリボンは同じ幅のリボンです。
左はゆっくりそっと引っ張り、右は早くすっと引っ張りました。これだけの違いが出ます。

<リボン刺繍の始末>

最後、布の裏側に出たリボンは普通に玉止めします。そして、ステッチを入れた時に裏側に渡ったリボンに2~3回通してリボンを切ります。

リボン刺繍の始末


上で説明したリボン刺繍の刺し方で作ったのが、今回のポーチのアップリケです。

リボン刺繍

リボン刺繍は立体的な仕上がりで、ポイント的に使うととても見栄えがしますので、皆さんも取り入れてみてはいかがですか?

では本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする