手芸の用具に使えるもの|ひらめきリサイクル

スポンサーリンク

今まで物づくりをしていて、「どうしようかな~」と考えている時に、ふとこれは使えるかな・・・と使っているうち「これは便利だな」と思うものがあります。

今回は、家の中に沢山あって使いきれてないもの、また捨てようと思っていたものを利用して意外に手芸に使えるものをご紹介したいと思います。

意外に便利☆リサイクル

クリアファイル

クリアファイル 写せます

トレッシングペーパーが手元に無く、クリアファイルを使って型紙をとりました。
布に写す時も、手で押さえれば写せるので、まち針をする必要がありません。
厚紙のようにしっかりはしていませんが、沢山あってあまっているクリアファイルがある場合はトレッシングペーパー代わりに使えます。色つきのクリアファイルの方が型ラインが分かりやすいですよ・・・

クリアファイルは鋏で簡単に切れます。また、複雑でない線ならカッターで切ることもできますので、キルトラインの転写シートとしても使えますね。(くれぐれも指を切らないように注意してください。また、複雑なキルトラインの場合は、きれいにラインを切ることが出来なかったので避けた方がいいようです。)

油性ペンで書くとしっかり写せます。間違えてしまったら除光液で消します。

スキンクリームの容器

針山入れ
使い終わったクリームの容器は針山入れに使えます。
針山入れに作り変えて使っていますが結構便利ですよ。持ち歩く時などは、蓋つきなので万一針が針山から飛び出ても安心です。
針山の中に入れるのは、もちろんコーヒー豆(出がらしを使用)です。コーヒー豆の再利用にもなりますので、一石二鳥です。

唐辛子の容器

針入れ
曲がってしまったり折れてしまった針入れに使えます。とても重宝しています。
針仕事の手芸は連続して縫っていくため針の消耗が激しいです。特に厚手のキルトにキルトラインを入れる時は折れてしまうこともありますが、殆どは曲がってしまいます。
曲がってしまった針はもう真っすぐには戻せません。
そのまま使うこともできますが、縫う時に気を付けないといつの間にか縫い目が曲がってしまうので、私は使うのを諦めて捨てるようにしています。
そんな針を入れるのに、とても便利です。小さい容器なので場所を取らず持ち運びにも便利です。入れる穴が小さいのもいいですよ。蓋を開けた瞬間、針が飛び出すのを防いでくれます。

かまぼこの板

cimg2973

紙、布に穴をあけるときの受け台として使えます。上は簡単に穴をあけられる道具です。
板の上に布や紙を置いて、穴を開けたい所にこの道具の先をグッと刺す感じで押しあけます。
大きさが丁度いいので色々な収納箱に入ります。ボツボツと凹凸が全面に出来てしまったら取り替え時期です。

では本日も最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする