パッチワークのパターン|ゴーイングホームの縫い方

スポンサーリンク

ゴーイングホーム

ゴーイングホーム

手芸センタードリームの12月のパッチワーク講座は、参加者2名が集まらずお休みです。師走は何かとバタバタ忙しいですよね。なので、ちょっと楽になりました(笑)

いつも講座に来て下さるお客さんからのリクエストで、1月の作品はリュックという事になりました。

実は簡易的なリュックは作ったことがありますが、本格的なリュックは作ったことがありません!!
ファスナータイプのリュック・・・となると子供が使っているリュックを参考にしよう!と、今、リュックを眺めながら試行錯誤しています。

娘が通学用に使っているリュックは、何冊もの教科書の重さに耐えられるようしっかりとした造りで出来ています。肩ベルトや本体の背中になる面はクッション材の様なものが入っているではありませんか!
「クッション材等を入れるとなると難しくなるな~~」
「ん~~まぁこんなにしっかり作らなくても、ちょっとした物が入ればいいかぁ」
などなど・・・

それで、何とか子供のリュックを参考にデザインを決め、型紙を作ることが出来ました。

「やはりパッチワーク講座なのだから、デザインにパッチワークを入れたいな~」と思って選んだパターンが「ゴーイング ホーム」というパターンです。

このパッチワークは正面と両サイドのポケット部分に入れます。

☆ゴーイング ホームの縫い方☆

正方形の中を斜めに分割したブロックで構成されています。
斜めの動きのあるパターンですが、縫い線が中央では交わらないので、比較的縫いやすいパターンではないかと思います。

小さなピースを縫い合わせて一つのブロックを作る。それぞれ出来た各ブロックを縫い合わせていき一つのパターンに完成させます。
では、どのように縫い進めていくのか、ご覧ください。

①まず、小さなピースを縫い合わせていきます。

cimg2738 ブロック縫い合わせ

②各ブロックが下のように完成しました。

ブロック縫い合わせ

③写真のように直線で縫い合わせていくのが楽です。

ブロック縫い合わせ
④最後の直線を縫い合わせて完成です。

ゴーイングホーム

「ゴーイングホーム」パターンのアレンジ

パターンを画用紙に書いていると、「あ、ここをつなげてみよう」とか「こんな細かなパッチはしたくないな」とか、色々余計なことを考えてしまいます!

それで今回も基本のパターンを正面のポケットにして、両サイドのポケットは少しパターンを変えてみようと思いパッチしたのが下です。

パターンのアレンジ パターンのアレンジ

どうでしょうか~単調になった分、時間もかからず縫い上がりました(笑)

中の四角の部分を誕生させて、三角形は消滅させたのですが分かりますか?
画用紙の上で、パーツを色々と変えていくのは意外に面白いですよ!

リュックが完成しましたら、アップしますね。

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする