ファスナー付け簡単!通帳入れポーチを作成

スポンサーリンク

今回は、余り切れで超簡単な通帳入れポーチを作った話です。

先日ごそごそと端切れを入れている袋から布を探していたら、とても中途半端に残った布が出てきました。
大きくもなく小さくもない、45㎝ ×16㎝ 位の大きさで、もうすでに3層にキルティングされている生地でした。

フリーモーション フリーモーション

(表だと分かりづらいのですね。裏の方が多少分かりますかでしょうか・・・)

「あっ!これ、前にフリーモーションの練習で作ったキルトだ・・・」と思い出しました。

以前、フリーモーションのバッグを作ったことがありましたが、このフリーモーションが、最初は上手くできず何時間もミシン操作に悪戦苦闘しました。

「フリーモーション」という言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思います。

◇フリーモーションとは・・・◇

基本的なフリーモーションはミシンで小さなS字を描くようなステッチを繰り返していきます。なるべくステッチが交わらないようにするのが、きれいなステッチに見えるコツなのですが、まず初めはS字が揃わず汚いフリーモーションになります。
ミシンも、フリーモーションが出来るミシンを使わなければなりません。

ミシンの押えをフリーモーション用に変え、送り歯を下げ、圧力を軽くする・・・ミシンの状態が整ったら、生地を動かしてS字に縫ってみる・・・布を動かす自分の手・腕の動き、力の加減がステッチの良し悪しに影響してきます。つまり、生地の動かし方がステッチをきれいに仕上げる決め手になるのです。

とまぁ、フリーモーションの説明はこのくらいにして、そのキルティング生地を見て、物凄く簡単な、今までにあまり作らなかったペタンコポーチなら出来る大きさだな~と眺めていました。「そうだ!必要だった仕事用の通帳入れポーチを作ろう」と思い立ちました。

特に、ファスナー付けが簡単なポーチです。ちょっと制作過程を説明します。

簡単ポーチの作り方

①まずファスナーを開いて、キルティング生地とファスナーを中表に合わせ縫い合わせていきます。

cimg3039 簡単ポーチをファスナー縫う

②ファスナーの端を裏に折って突き合わせて、ただただ真っすぐ縫っていきます。

簡単ポーチのファスナー付け ファスナーの端突合せ

③ファスナーを縫い終わったところです。ファスナーを閉めるとこんな形になります。

ファスナー縫い付け完了

④ファスナーを突合せた所に紐を、ポーチ表の下部にモチーフを縫い付けます。

ポーチの紐付け モチーフ縫い付け

⑤また中表にしてL字に縫います。表に返すと完成です。

L字に縫う cimg3060

ファスナーは市販の20㎝です。布の大きさはよこ45㎝たて16㎝です。

いつもなら、横の長さを半分にカットしてそれぞれにファスナーを付けてから合わせて縫うという方法でポーチを作っていましたが、何故かカットしたくないな~と思っていたら、こんなに簡単なファスナーの付け方が思いつきました(笑)

仕事で使うには可愛い感じになりましたが、小切手やお札も入る大きさなので満足です!

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする