着物のリメイクチャレンジ|和のパッチワーク

スポンサーリンク

前々回、通っていたパッチワークキルト教室に着物のリメイク名人(大先輩)のお話をさせて頂きましたが、その方に教えて頂いたパッチワークのバッグがあります。

しかし、教えて頂いてから○年も経っているのに、まだ完成しておりません(泣)
習ったものを最後まで完成させないで、新しいものに目が行ってしまうのは、私の悪い癖なのですが・・・。
それで、この際教えて頂いたことを復習できて、作品も完成させることができたらいいな・・とブログ記事にすることにしました(笑)

まず、着物をリメイクする時の下準備をご紹介します。前のブログでも書いたと思いますがその復習をざっと説明しますね。

◇着物のリメイク◇

着物リメイクの下準備

①着物を解体します。スムーズに糸取りをするには固形石鹸を縫い目になぞる様に当てるのがポイントです。その後、所々糸を切ってスーと抜き取ります。

②桶に水を入れ普通の洗濯洗剤を溶かした中に、解体した着物生地を入れて押し洗いします。汚れが落ちたようならゆすいで、洗濯機で脱水します。

③使い切ったラップの芯にラップを1周り巻き付け、脱水した着物生地を巻いていきます。

④③の着物生地を外しながらアイロン(温度は絹設定)をかけていきます。

リメイク用の洗い張りは自分でやってしまう方が経済的です!チャレンジしてみましょう。

下準備がすみましたら・・・・

私はポーチとバッグを作りたいので、全ての着物生地の裏に薄手の接着芯を貼りました。

絹の生地には芯

和布のパッチワークを始めよう!

有り難いことに、リメイク名人(大先輩)からたくさんの種類の着物生地ピースを頂きました。とてもカラフルな和風バッグが出来そうです。

厚紙で型紙を作ります。縫い合わせる線が若干斜めになっていますので合印を付けておくと、縫い間違えを防げますよ。

厚紙型紙
布に上の型紙を置いてなぞり出来た2つのピースをカットします。それをパッチして一つのブロックを完成させます。これを必要数作ります。(芯を貼っている為、ハンドでは縫いにくいのでミシンで縫ってます。)

CIMG3143 1つのブロック完成

このブロックを色々な色や柄の和布で作りパッチワークしたものが↓です。

和布パッチ

パッと見は簡単そうなデザインですが、意外にパッチワークをするとなるとスムーズに行きません!直線に縫っていくだけなので本当なら全てミシンで作業していきたかったのですが無理そうです。

ブロック作りまでのピースワークはミシン作業、ブロックを組み合わせていくピースワークはハンド作業と区別して縫っていきました。

バッグとポーチを制作中です。すこしブロックの組み合わせを違わせて作っています!
完成しましたら、後日アップしますね。

では、本日は最後まで読んでくださりまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする