簡単なプレスキルトで端切れを減らそう!ミニポーチを作り置き(1)

スポンサーリンク

こんにちは!

とうとう3月も下旬に入りましたね。お子さんが春休みになって、旅行やレジャーなどに出かけるご家族も多いのではないでしょうか・・・。

うちでは3月・4月は、毎年、断捨離期間としてます。そう決めないと、絶対に物が溢れて手に負えなくなるのは目に見えていますので(汗)・・・。

2,3日かけて一気にするのではなく、毎週1か所ずつでいいから必ず整理整頓する!と決めて行っています。一週間に一日それも一か所だけだと気が楽になってやる気になりますしね!

本当は1年かけてコンスタントに断捨離出来ればいいのですが私には無理ですので、年度の区切りでもあるこの時期に気合を入れて行います。

それで、先日はウォークインクローゼットの衣類の整理をしました。そのスペースには衣類だけでなく、プラスチックの収納箱の中にはタオル類が入っていたり、ハンガーに掛かっている洋服の横に、買いこんだ生地を置いてある棚もあります。

決断力の乏しい私は、「これは捨てるにはもったいない服だけど着ないな~。でもやっぱり取っておこう」と、なかなか断捨離が進みません。そのうちどうなるかというと・・・

集中力がなくなって、視線があちらこちらに飛んでいきます。そうすると必然的に、好きな方向へ飛んでいくわけです。
そうです!買い込んだ生地を、棚から出して見始めていました。

端切れでプレスキルトを作ってみよう!

「あれ?この袋は何だろう・・・」とパンパンになっているレジ袋が、奥から出てきました。開けてみると・・・色々な大中小の端切れ布が出てきました。

端切れ

色分けしてみると意外にきれい・・・そうだ!色別のミニポーチをプレスキルトで作ってみようと思いつきました。

プレスキルトとは台布の上にキルト綿をのせてその上端切れ布を縫い付けていく手法です。以前、ストリングのプレスキルトを記事にしたので、参考に こちら をどうぞご覧ください。

今回は紫系のプレスキルトミニポーチの製作過程をご紹介。

①まず端切れ布で、紫系をピックアップ。

紫系の端切れ

②次に土台布にキルト芯を重ねて周りにしつけをかけます。

プレスキルトの土台完成 プレスキルトの土台布+キルト芯

③真ん中に表の端切れ布を2枚中表に重ねて一辺を端から7㎜を縫います。

プレスキルト製作

④縫えたら広げてアイロンをかけます。この作業を繰り返します。

プレスキルト プレスキルト
※面倒ですが、‟縫って広げてアイロン”をしっかり繰り返すと、表布が変に浮いたりしないできれいに仕上がります。

⑤全面プレスキルトが出来たところです。

プレスキルト

色別に作ってみました!

プレスキルト完成

これをミニポーチに仕上げていきます。次回はポーチの製作過程をご説明しますね。

・・・あっ!ウォーキングクローゼットの断捨離が止まったままでした。本当にこんな調子で最後はどうしても好きなことに集中してしまいます(反省!)

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする