針が飛び出さない!携帯針山を作ってみる|小さな口金が丁度いい大きさ

スポンサーリンク

こんにちは!

さて、今回は携帯針山のお話です。
何故、携帯針山を作る気になったのか・・・といいますと隙間時間があると、なるべくどこでもチクチク縫おうと思っているからです!

とにかく端切れを少なくしたくてこの頃すぐ出来上がる小物を作ってます。
今まで好きな布で作品を作っていましたが、デザイン変更によるカットミスなどで、まだ使ってない布の切れ端がどんどん増えてしまいました!!
勿体ないので捨てることも出来ず、隙間時間を使って小物を作る様になりました。
今現在のマイブームとなっています(笑)

仕事がある日の昼休みや病院での待ち時間など、時間があるとちょこっとでも縫い進めたくて、作りかけの小物と最小限の裁縫道具(針山、針、まち針、糸、指ぬき、小さな鋏)を
巾着にまとめて入れて、持ち歩いていますが・・・

先日、針山に刺していた針が何かの衝撃で抜けてしまい、巾着の中に転がっていました・・・
「危ないな~、この針が、巾着の布を貫通して外に出てしまっていたら大変なことが起きてしまったかも・・・」とゾッとしました。

それで考え試作したのが「針が飛び出さない携帯針山」です。

針が飛び出さない針山のがま口

100円ショップで買った2つ入りの小さな口金で作った携帯針山のがま口は、普通にがま口を作ってその中に針山を入れるだけです。

ペットボトルのキャップ部分やモンダミンのような容器のキャップは、小さな針山を作るのに
丁度いい大きさですよね。
まずそれで針山を作ります。(ブログではモンダミンのキャップを利用)

①直径10㎝の円にカットしたキルト綿の周りをぐし縫いした後、糸を引っ張って小鉢状にしたら、コーヒーの出がらし(5回ほどゆすいだもの)約20gを入れます。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

②コーヒーを入れ終わったら小さくカットしたキルト綿2枚をふたにして、糸をギューっと
引っ張り口をふさいでとめます。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

③キャップと針山部分をプリント柄の布でカバーしてから、キャップの内側にボンドを付け
針山部分を入れて、針山完成です。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

次に小さながま口を作ります。

①口金の型紙のように表・内布をカットします。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

②説明書通りに縫って、ひっくり返し本体を表にしたら、口金と本体の中心を合わせてから、口金の溝にたっぷりボンドを付けます。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

③ヘラなどの道具を使って本体をしっかり口金の溝に差し込めた後、紙紐を入れて固定します。

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

携帯針山の作り方 携帯針山の作り方

④がま口の中に針山をポコっと入れて完成です。

携帯針山の作り方

☆がま口作りに便利な道具☆

がま口専用ヘラ

がま口づくりの道具

片方がヘラ、片方が千枚通しのようになっています。初めてがま口を作る方は特に使いやすいと思います。(700円前後)

差し込み工具

がま口づくりの道具

がま口作りの感覚に馴れてきたら、効率よく作業が進むこちらの道具も使いこなせると思います。(800円前後)

ペンチ(キズナッシー)

がま口づくりの道具

口金を傷つけず絞めていけます。とても便利です。(900円前後)

昨日は気温が下がりましたね・・・雨も降っていて一段と寒く感じました。
そして今日は半袖で過ごせるくらい気温が上がりましたね。
皆さん、体調をくずされないよう過ごしてくださいね。

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. スピード より:

    こんにちは。私も裁縫道具を持ちだす時があります。携帯針山の発想は良いと思います。ただやったことがない口金の取り付けが上手くできるか⁈ですが…これからもブログ観させて頂きます。

    • cherrysmile より:

      コメント有難うございました。口金の付け方は、最初は小さいものから始めた方がいいです。小銭入れや印鑑入れなどの大きさで慣れていけば上手く取り付けられるようになりますよ。只今、コメント頂いた方にミニカットクロスをプレゼントというキャンペーンを実施しています。後日スピードさまへ送らせて頂きます。これからもよろしくお願いします。