ベビーブロックの口金バッグ製作◇藤色の記憶にのせて・・・

スポンサーリンク

藤の花 フラワーパーク

こんにちは!上の藤の花・・・見事ですよね!!ゴールデンウィーク 栃木県にあるフラワーパークに行ってきました。紫と白の藤が滝のように見事に咲き誇っていました!

ところで・・・まだ5月だというのにここのところ暑いですね~
このまま夏に突入!・・・とは行きませんよね。これから梅雨の時期になります。
‟梅雨寒”といわれるくらい、急に寒くなったりしますので、皆さん!体調管理に気を付けて下さいね

さて、今日は担当している手芸店のパッチワーク講座で来月から展示する作品をご紹介したいと思います。

可愛い♡パターン|ベビーブロック

誰からも愛されるベビーブロック・・・赤ちゃんが積み上げる積み木のような正方形の立方体に見えるデザインのパターンですが・・・よく見ると六角形を菱形に3分割したシンプルなパターンなのです。

色の明暗をはっきり付けることによって正方形の立方体に見えるところは、まさにパッチワークの面白さだな~思います。

パターンの作り方

六角形の製図は以前ご説明したように作ります。(製図についての記事をご覧になる方はこちらをクリックして下さい。)

その六角形を3分割します。

六角形 菱形

この1つの菱形を、様々な柄の布で淡色・中間色・濃色と3ピース用意します。

まず2枚を縫い合わせます。

縫いきりと縫い止まり

縫い合わせる際、気を付けなければならないのは写真のように・・・片方は縫いきり(印をこえて布の端まで縫って返し針で玉止め)、片方は縫い止まり(印まで縫って返し針して玉止め)にするという事です。


これは、もう1ピース縫い合あわせてパターンを完成させるためにそう縫います。

はめ込み縫い」といって、縫い合わされた角度のある2辺に対し、別なピースを縫い合わせる時に使う縫い方で、最後の1枚をはめ込んでベビーブロックの出来上がりです。

ベビーブロック

向かって下にくるピースに濃色の布を配置すると立体的に見えます。とてもシンプルなのに

視覚的効果が出る楽しいパターンですよね!

このパターンをたくさん作って並べると、なんとも整然として気持ちのいいものです!!

ベビーブロック

このパターンで今回はがま口バッグを作ります。

あまりにも必死こいて製作していたため、作業工程の写真を撮るのを忘れてしまいました!!

とにかく、口金の中心がずれてしまったり、出来上がったけれど気に入らず外して最初からやり直すため固まりかけたボンド接着部分を無理やり取ってしまって布が汚れたりで・・・随分手こずってしまいました!!

あまりに下を向いて集中していたため、完成した後、めまいがしてしばらく気持ち悪くなってしまい夕食が作れず、家族の夕食にピザを取る羽目に・・・トホホです💦

この口金でいつも上手くできないのが↓です。口金の角の下あたりです。ちょっと空いちゃいました

口金バッグ 難しい

まぁ何とかなり、あとはショルダー紐を付けて完成です。

ベビーブロックの口金バッグ

余りバッグに紫系は使わないのですが、ゴールデンウィークに見た藤の花がとても印象的で、頭からその藤の色がしばらく離れませんでした。

そして・・・自然と、うす紫色を選んでいました(笑)

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする