☆リバティ・ストロベリーシーフのショルダーバッグをヤフオクに出品中!(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!

一年で一番湿気の多い季節になりました。洋服やバッグにいつの間にかカビが生えていた・・なんてことがないよう湿気対策をしっかりしたいものですね。

今回はリバティ・ストロベリーシーフの生地を使ってショルダーバッグを作りました。

では、完成品と製作工程(一部)を載せましたのでお時間がございましたらご覧下さいませ。

* 完成品と製作工程 *

<完成品>

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ生地、モカブラウンのデニム生地、ベージュ生地2種類、合皮、ファスナー、タグ、レース、ベルト、丸カン、リュックカン、カシメ、接着芯(バッグ用・普通地用)、底板。

②材料をカットし、それぞれに接着芯を貼ります。

③ポケット類を作ります。

サイドポケットは簡単に縫えるので、一番最初に縫い始めます。

正面のファスナーポケットは2段になっているので、ファスナーの始めと終わりが2段とも揃うように、ファスナーや土台となる生地の中心に印をつけ、合わせながら縫うと綺麗に揃います。

④底に合皮を縫い、本体にポケット類を合体させます。

本体のデニム生地にバッグ用接着芯を貼り、ポケット類を縫い付けていきます。今回は底の部分に茶系の合皮を使用しました。右上の写真は本体とサイドポケット類を合体させたものです。

⑤開閉部のファスナーと丸カンのタブを作ります。

ファスナータブのマチのサイズは、バッグのマチよりすこし小さくします。このバッグはマチが10cmなのでファスナー部分はファスナーを入れて7~8cmになるように作っています。丸カンのタブはショルダーベルトの幅に合わせます。

⑥表本体を表に返してアイロンがけし、丸カンタブを縫い付ける。

アイロンをかけたら、縫い代がペラペラしないように縁の部分をぐるっとジグザグミシンをかけます。その後丸カンタブを本体に縫い付けます。

⑦内布を作ります。

内布に使う生地を、表本体と同じサイズにカットし、必要な所に普通地用の接着芯を貼ります。

ポケットを内布本体に縫い付ける→ファスナー部分と内布本体を合体させる→袋に縫って底にマチを作る。

⑧バッグ本体に内布を付ける。

バッグ本体と内布を中表にして縁を縫っていき、残り15cmほどの所で止めます。縫っていない所から中の布を裏っ返します。整えたら縁の部分にミシンで落としステッチをします。

⑨底板を作ります。

100円ショップで売っているプラスティックがシートになっているものを底のサイズに合わせカットし、内布と同じ布でカバーしバッグの底にセットします。

⑩ショルダーベルトを付け完成

125cmほどカットしたベルトに、リュックカンを付け、丸カンに通してバッグに繋げ、カシメを留めたら完成です!

ストロベリーシーフは華やかな柄ですが、モカブラウンのデニム生地を合わせたので落ち着いた感じのバッグに仕上がったかなぁと思います。

こちらのバッグのヤフーオークションにご興味頂けましたら、是非見に来て下さい!

入り方は、ヤフー画面から、左側のヤフオク!をクリックしてファッション > ハンドメイド > かばん、バッグ > 女性用 と進んで下さいね。

只今、キャンペーン実施中です!

詳細は当ブログタイトル下にある [キャンペーン実施中] をクリックして下さい!

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする