ハートのぷっくらがま口ポーチ|可愛くできた!?オリジナル型紙

スポンサーリンク

こんにちは!

先週、ハート型のがま口で可愛いぷっくらポーチの型紙を自分で作ってみました。型紙の作り方は 「口金の開閉の調節と型紙作り|ハートのがま口ポーチ」 をご覧ください。

そしてあれから、その型紙通り布をカットして製作に取り組み始め、今日完成しました。

今回は、その作業工程をご説明したいと思います。貴方のハンドメイドの手助けになれたら嬉しいです♡

ハートのぷっくらがま口ポーチ作成

ハート型の口金ポーチの大きさは
よこ約18㎝ たて約15㎝  マチ(底の一番広い部分)8㎝ です。

<材料>

生地
本体用 よこ20㎝×たて17㎝・・・表布・内布・捨て布・キルト綿  各2枚
マチ用 よこ10㎝×たて39㎝・・・表布・内布・捨て布・キルト綿  各1枚
内ポケット用 よこ20㎝×たて18㎝・・・内布 2枚
ハート型の口金 よこの長さ18㎝
装飾用の転写シート(100円ショップで購入)・リボン


①縫い代を含んだ型紙通りに布をカットします。

②転写シートで無地のマチを可愛くします。アイロンは中温に設定して、1か所ずつ長めにプレスしていきます。

③表面のハートにもレースやリボン、タグを付けて可愛く演出♡

④本体ハート・マチをキルト綿と捨て布を重ねて3層にします。この時キルト綿が
両面接着だと、とっても便利です!!

⑤3層になった表布と、内布をそれぞれ別々に仕立てていきます。
まず始めに、ハートの下の中心とマチの中心を合わせてまち針をさします。左右にそれぞれ
まち針をさしていきます。


本体とマチの縫い始めと縫い終わりは、印を気にしないで縫いきってしまいます。


⑥表布と内布を中表にして合わせ、上の口金を付ける部分を一気にぐるっと縫ってしまいます。

⑦マチのV、ハート型のくぼんだ部分に切り込みを入れると、表に返した時きれいに
おさまります。

⑧表に返して形を整え、口金を付けるところをおさえミシンします。

⑨口金の溝にボンドを付けて本体を入れ込んでいきます。中心をしっかり入れて動かない様、
洗濯ばさみで留めておきます。

そして左右を入れ込んでいきます。最後にペンチでしめて完成です。

※ワンポイントチェック

実はこのポーチ、途中で大きなミスをしてしまった!!のです。溝の幅より入れ込む布の厚さの方が厚くなり入らなくなってしまったのです。


本体とマチの切り替え部分の布が(それもキルト生地💦)何枚も重なってしまったためでした。

仕方ないのである程度ほどいて、部分的にキルト綿を剥がしてカットし、もう一度仕立て直しました!!


途中で気付けばこんな苦労はしなかった!トホホです。

口金小物を作る時は、皆さん!口金の溝の幅を最初に確認しておきましょう!!

まぁ、なんだかんだ焦りながらも出来上ってホッとしています。

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする