☆リバティ ベッツィ 大容量トートバッグをヤフオクに出品中!(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!

いよいよ九州が梅雨入りしましたね~、洗濯物が乾かず主婦にとっては頭を悩ます季節がやってきますが、ほんの短時間でもお日様が現れたら迷わず干そうと思います!

今回はリバティ・ベッツィの生地でトートバッグを作りました。

完成品と製作工程を載せましたので、お時間のある時にご覧下さい。

* 完成品と製作工程 *

<完成品>

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ生地、生成11号帆布、紫色綿生地、レース生地、合皮、ベルト芯、ファスナー、マグネット、カシメ、持ち手(小)、接着芯(バッグ用、普通地用)他

②生地をカットし接着芯を貼ります。

リバティの生地は帯状にカットし普通用接着芯を貼る。帆布にはバッグ用接着芯を貼ります。

③ベルト芯にリバティ生地を縫い付けます。

ベルト芯にリバティ生地を縫い付けると、取っ手が一気に可愛くなります♡

④バッグ外側にポケットを縫い付けます。

バッグ外側正面に付けるポケットの所にタグを縫い付け、バッグ本体の帆布に縫い付けます。

⑤帆布にリバティ生地を縫い付けます。

サイズが違う帯状のリバティを帆布に縫い付け、ベルト芯も縫い付けます。後ろ面にポケットはついていません。

⑥合皮で底面を作り、全体を縫い合わせます。

合皮にバッグ用接着芯を貼りしっかりした底面にし、本体と縫い合わせます。

⑦全体を表に返します。

表は完成しました。

⑧内布を作ります。

内側のポケットは全部で7つ作ります。浅めのポケットと深めのポケット3つずつとファスナーポケット1つです。ファスナーポケットが1つあると何かと便利ですよね。

⑨両脇を縫い合わせ、開閉用のマグネットを片方だけ取り付けます。

⑩表本体と内布を合体させます。

表本体と内布を中表にして縁を縫います。表にひっくり返して形を整えたらマグネットを取り付けます。マグネットがパチッとスムーズにくっつくよう、ここは丁寧に取り付けます。

⑪バッグの底板を作ります。

底板には、プラスチックがシートになったものをバッグ底のサイズにカットし、カバーをしたらバッグの底にセットします。

⑫バッグを完成させます。

縫い合わせた縁の部分を表からミシンで落としステッチをしていきます。最後に取っ手の付け根の部分にカシメを留めたら完成です!

⑬付属のポーチを作ります。

リバティ生地の上にレース生地を重ね、二枚一緒に脇をジグザグミシンをして固定します。裏にバッグ用接着芯を貼ります。Dカンのタブを作ります。

⑭ポーチにファスナーを付け完成させます。

表裏生地を合体させながらファスナーを付け、Dカンタブを縫い付け、表に返して持ち手を付けたらポーチの完成です!

イメージした以上にビッグなトートバッグになりました(笑)!

ティッシュ5箱セットは余裕で入りますし、仕切りポケットがたくさん付いているのでマザーズバッグや旅行バッグにもお使い頂けるかと思います!

こちらのバッグのヤフーオークションにご興味頂けましたら、是非見に来て下さい!

入り方は、ヤフー画面から、左側のヤフオク!をクリックしてファッション > ハンドメイド > かばん、バッグ > 女性用 と進んで下さいね。

只今、キャンペーン実施中です!

詳細は当ブログタイトル下にある [キャンペーン実施中] をクリックして下さい!

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする