簡単&便利リメイク◇不要なスカートをバッグとトートにしてみる!

スポンサーリンク

こんにちは!

昨日からクロゼットの中にある収納箱の中をごそごそ何が入っているのか取り出しては眺め・・・をやってます。
いつかリメイクしよう!と思って着ない洋服を入れ続けていた収納箱です。

「あ~こんなに捨てられない洋服を持っていたのね~」とため息ばかり・・・いえいえっ!そんな思いに耽っている場合じゃないのです!!

私は異常なぐらい物を捨てられない人間です。特に生地系は・・・

どうしたらいいのでしょうか???

いやどうにかしないと!と思い、収納箱から1つスカートを取り出しました。

途中から大きな車ひだに切り替わっているデザインを見て、ここ使える!と思った瞬間、制作意欲が出てきました!!

このスカートでバッグとシンプルなトートを作ることに決めました。

完成したのは↓です。

リメイク

簡単な作業工程を説明します。貴方の洋服リメイクの参考にご覧くださいませ。

◇リメイク製作開始◇

1.車ひだ切り替え部分をバッグのデザインにすると、手をかけずに素敵な感じ♡

リメイク

2.口金バッグの型紙を作り、スカートに当ててカットする部分を確認。

3.車ひだの部分は崩れない様しつけで縫っておきます。サイド→下部→サイドと縫います。

5.片方の車ひだ切り替え部分を、18㎝ほど縫い糸をほどきポケットを作っておく。

6.接着芯を貼った内布を仕立てて、表布と中表に合わせて口金部分を縫います。

7.内布の底の返し口(7㎝ほど縫わない)から、表に返します。

8.口金を付ける部分の端から2ミリの所をおさえミシンしておきます。

9.バッグ本体の中心と口金の中心を合わせ、しつけ糸で留めておきます。念のため両カーブの部分もしつけ糸で留めておいた方が本縫いしやすくなります。

10.端から返し縫で縫っていきます。本体内布に縫い線を書いておくとスムーズに縫えますよ。

11.完成です。

リメイク

12.余った生地で簡単なトートを作りました。大きめなので肩から下げられるよう長めの取っ手を付け、出し入れ口にバネホックを付けてガバっと開かないようにしました。

リメイク

まとめ

リメイクをする時は決めていることがあります。

1.とにかく簡単に出来るものしか作らない!

未使用な洋服や袋物でしたら少し凝ったものに作り変えてもいいとは思いますが、何回か使って洗濯した物はやはり色が褪せてますので、手間をかけても出来栄えはよくありません。とにかく凝らず簡単にリメイクします。

2.お洒落な部分があったら必ず活用する!

今回は車ひだ切り替え部分をがま口バッグのデザインに活用しました。自分で車ひだを寄せるのは手間がかかりますが、元々あるなら活用した方が良いですよね!

これから家用のクッションを4個作る予定なのでまたリメイクしようと考え中です。

クッションカバーとなるとかなりの生地が必要になるので、以前使っていて今は仕舞い込んでいるカーテン(模様替えのためお役目が済んだ物)をクッションカバーにリメイクしようと考えています。

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする