*古いキッチンワゴンをDIYで便利な整理ワゴンにリメイク*

スポンサーリンク

こんにちは!

夏休みも半ばになってきました、子供たちは部活や遊びに出かけて、思っていた以上に一人の時間が多いので久しぶりに簡単なDIYを楽しみました!

姉から譲り受けたキッチンワゴンがかなり古くキズだらけになってしまったので、ひと工夫して便利な整理ワゴンに生まれ変わりました!これを機にいろいろ整理して行こうと思います。

製作工程を載せましたので見て頂けたら嬉しいです!

*古いキッチンワゴンから便利ワゴンへリメイク*

<製作工程>

①キッチンワゴンの木枠から木枠の間の寸法を測ります。

②板に測った長さの所に線を引きます。

*この板は靴箱のいらなくなった棚板を利用しています。

③板をのこぎりでカットします。

④キッチンワゴンの板を加える部分にボンドを塗ります。

*左右の木枠にボンドを塗ります。

⑤板をボンドの上に置きます。

*このまましばらく置いておきます。

⑥板と木枠に釘を打ちます。

*三か所ずつ計六ヶ所に釘を打ちます。

⑦ペンキと刷毛を用意します。

*ホームセンターで売っている水性のものを使います。

⑧ワゴン全体にペンキを塗ります。

*乾いたら塗る、を三回繰り返します。細かい所は絵の具の刷毛を使うと塗り易いです。

⑨塗り終わったら一晩置いて完成。

こんな感じに使っています。増やした棚にはプリンターを置きました。パソコンからプリントアウトすることが多いのですが、たまにコピーをする時やインクを交換する時にはちょっと面倒ですが床に降ろして作業します(笑)

下の網かごには、コピー用紙を常備しておくのに便利です。

今回使用した板は靴箱の棚でしたが、必要がなくなり捨てようとしたのですがしっかりした板だったのでずっととっておいたもので、やっと日の目を見ることが出来ました(笑)

また、6年前に購入したペンキでしたが全く劣化してなくて、まだまだ使えそうで良かったです。

我が家のキッチンのカラーは大体3色に決めています。白と黄色と緑です。特に白は膨張色なのでキッチン全体が広く見えるような気がして積極的に取り入れています。

久しぶりにDIYをしましたが、自分の理想通りの物が作れた満足感、また古いものや廃棄しようとしたものが新しい必要なものに作り変えることが出来た充実感はとても気持ちの良いものですね(少々大げさかな?(笑))。

最近、「断捨離」ということを意識して生活するようにしていますが、こうして「捨てようかな」って迷っていたものを工夫して必要なものに作り変えるということも同時に意識して行こうと思います。

それでは、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする