健康診断で健康指導対象者に・・・できそうなダイエットを始める

スポンサーリンク

こんにちは!

お恥ずかしい話ですが数か月前・・・今年春に受けた健康診断結果で、健康指導対象者という通知が届いていました。トホホです💦

仕事もあり何かと忙しかったので無視していたら、なっなんと!夏休み前に健康指導の催促の手紙が来てしまったのです。

メタボリック症候群・高血圧で「このままの生活を続けていたら生活習慣病になる恐れがあります」といった内容だったと思います。

自分でも手芸やパソコン操作ばかりしていて運動量が足りてないな~とは思っていたのですが・・・去年、やはり健康診断結果で要健康指導と出ていて、生活を改めなければ!と自分なりに何をすべきか決めてはいたのです。(その時、決めたことを記事にしたのは「手芸の落とし穴」です。)

今までは相談希望の方は~ 的な表現でしたが、催促の手紙は初めてで正直焦りました!!

「娘のためにも元気な母親でいなければ・・・」と思い、意を決して先日健康指導を受けてきました。

女性の管理栄養士さんの指導だったので、とても気楽にお話が出来ましたし、今まで勘違いしていたこと、想像していた以上に影響があるのだな~と感じたこと等、本当に良いお話を聞かせて頂きました。

そして、指導を受けた後、ふと疑問に思ったことなどを調べて、自分なりにダイエットプラン
を立ててみました。

もし、太り気味で気になり始めた方、私のように痩せなければと思いながらも実行に移していない方は参考にしていただけたらと思います。

ダイエットポイントメソッド

6ヶ月後のゆるい目標設定

立てた目標は「体重を6ヶ月で3kg減らす」です。

まず、体重の5~10%減らすのがいいそうです。それは、検査数値に変化が見えるということと身体に負担がないことで頑張れるからです。

そして、単純に体重1kg減→腹囲1㎝減 だそうです。

食べ物チェンジプラン

全体的にバター・油・糖分を多く含む食材は避けた方がいい。

1)揚げ物から焼き物・蒸し物に変える。

チキンカツ → 蒸し鶏
アジフライ → アジの塩焼き
揚げ物大好きな私としては、食事の楽しみが一つ減りました(泣)

2)冷たい食べ物

バニラアイスクリーム → ガリガリくんやかき氷

3)お菓子・間食

ダイエット

チョコレート(1枚50g)半分 → キャンディー3粒
デニッシュドーナツ、アップルパイなど → カステラ1切れ、おにぎり1個
チョコポッキー → ウエハウスチョコレート

意外だったのは “かりんとう” 日本のお菓子なのでカロリー控えめかと思いきや、お菓子の中で最強(最悪)のカロリー数値でした。冷静に考えれば、揚げてある+糖分ある ですものね。

4)アルコール

ビール350ml → ノンアルコールビール 休日にビール中ジョッキ1杯 or ワイン(グラス)2杯

外食時のポイント

1.洋食・中華より和食を選ぶ
2.野菜が含まれるメニュー・バランスの摂れた定食などを選ぶ

日々の行動に軽い運動を入れる

仕事の日は無理ですが、家にいる時は極力体を動かすよう心がける。「目的地30分で到着」を限度に、買い物、銀行、役所などとにかく歩く。

最初は億劫でしたが、慣れるとスタスタ歩けるようになるものですね(笑)

まとめ

「体重を減らすのに一番の方法は食べるものの質・量を変える事です。運動量を増やして今まで通りの食事をするより、一番簡単で確実です。」という管理栄養士さんの一言に、今の状況を考えると納得せざる負えませんでした。

運動量を増やす=時間が必要 ですからね。

初めて本格的に始めるダイエットは、続けられるかがカギになります。緩い設定ながらも、やはり今までの食生活が出来ないことはストレスです。
本気でなければ達成できませんよね。頑張って健康な体にしたいと思います。
では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする