着物の素敵な色合いを活用したい!!|解体時間は意外に時間が掛かる!

スポンサーリンク

こんにちは!

3月になりましたね!めっきり春めいてきましたが油断禁物です。まだまだ基本は寒い日が続きますし、日によって気温の差が激しいのもこの時期です。

皆さん体調を崩されない様、気を付けて下さいませ。

今、大学生のお子様がいらっしゃるご家庭では、小・中・高生より一足早く春休みではないでしょうか・・・。

漏れずに我が家の大学生の子供も春休みに入り、昨日は久しぶりに・・本当に久しぶりに「はじめてのWii」を楽しみました。最後にやったのは子供が小学5年生の時でしたので8年ぶりです。

8年前は殆どのゲームで私が勝っていたのに、昨日は殆どのゲームに負けて・・・時の流れを実感することになってしまいました(泣)もしかして私がトロイだけ?!

お昼からWiiを始めて気が付くと夕食の支度の時間になっていて、久しぶりに子供と過ごす楽しい一日でした。

着物の解体は気を使いながらの作業!

さて、先日お義母さんから、「何かに作り変えて・・・」と着物を5着頂きました。

着物ならではの色合い・色加減がとても素敵で、それを損なわないように他のものに作り変えるのは、私の技量では無理だな~~と思いつつも頂いてきちゃいました!!

まず、頂いたお礼に、ショルダーバッグとポーチを作って母の日のプレゼントにしたいと思ってます。

ショルダーバッグなどの小物は写真のような渋めの着物でリメイクしても装飾品を華やかにすれば小洒落た感じになりそう・・・

この素敵な水色の着物2つは、バッグには勿体ない・・・春・初夏用のワンピースか上着に作り変えることが出来たら最高♡♡なんですが・・・

私の技量ではちと無理かな・・・なんて考えながら、頂いた着物たちを眺めています。

今日は、まず仕立ててある着物を解体して、反物状態(生地)にするという作業をします。

しかし、これが思いのほか時間が掛かりました!

特に素材が高価な絹で出来ている着物を解体するとなると気を使いますよね。

ただ、昔の着物は殆ど手縫いで仕立ててあるので、その分縫い糸が取れやすいです。これがミシンで仕立ててあると、糸を取るのは大変ですから!

私はいつも洋服・着物を解体する時は、殆どリッパーを使います。小鋏だと間違って糸と一緒に生地を切ってしまうことがあるので・・・

今回の頂いた着物は年代物のようで、縫い合わせてある両側の生地を両手で引っ張ると、ぷつっぷつっと縫い糸が切れてくれます(嬉)

「縫い合わせている布を引っ張るだけで糸が切れるなんて、なんてラクなのかしら!???」

調子に乗って、途中までそんなおバカなやり方で縫い糸を取っていたのですが・・・

糸の取れた布を見てみると、、、縫い目の間にツーと伝線したような跡を発見!これではその部分はリメイクに使えません!!

何でも簡単に済ませたいと考えた結果の乱暴なやり方だったと反省!

それからは、リッパーと小鋏で縫い糸をただひたすらいつものように取っていきました。

着物の解体作業を軽く考えていましたが、1日で解体できたのは2着でした。

切った縫い糸を取り除くのが意外と面倒でした!

明日から何日かかけて3着を解体していこうと思います!
では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする