風景パッチワークミニキルトの製作状況|それぞれの風景が素敵!

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

本当に毎日暑いですね~~~ここのところバテ気味で、夏はこれからが本番なのにどうしましょう???と一抹の不安を抱いてますが・・・

テレビのバラエティ番組で「ハッカ油」なるものを紹介していたのですが・・それが、色々な場面で活躍する優れた油だそうで、特に夏には重宝するものだというのです!

暑さ対策はもちろんの事、アロマ、虫よけ、鼻づまりまで良くするというではないですか・・・

「ハッカ」という言葉でふと思い出したのが、子供のころ家にあった缶詰のハッカ飴です。

ハッカ飴はミントのような匂いと味で、鼻が詰まって苦しいとよく親に舐める様
言われたな・・・

あれ?・・・そう言えば、同じ匂いや味なのに「ハッカ」「ミント」と言い方が違うのは何故だろう?・・・その違いを知りたくなって早速ネットで調べてみました。

ハッカはミントの品種の1つで、日本で自生している和種のものを指すそうです。

なので、ハッカ=ミント ハッカ<ミント という理解で落ち着きました。

「ハッカ油」は、スプレー式など使い勝手のいい形状のものまで販売されているそうなので、
これから夏本番の暑さ対策に購入しようと考えています!!

さて、さて、先日手芸店のパッチワーク講座へ行ってきました。

今月は、長く在籍されているお客さんは風景パッチワークキルトのミニタぺを製作して、初心者の方はストリングパッチのポーチを製作しています。

同じ風景画を、お一人お一人お持ちの布で描いていくと、雰囲気の違う風景になっていくので、本当に見ていて面白いし興味深いです。

アップリケ・刺繍と入りトップが完成したお客さんの製作作品の写真をアップします。

N様の製作作品

私の見本の作品より、刺繍が華やかに縫われていてとても素敵です!

N様曰く、「刺繍を縫い始めたら止まらなくなりました!」とのこと・・・感心しました!

葉っぱの数や花の大きさ・数といい、比べ物にならないぐらいN様の作品勝ちです。

ちなみに私の作品↓

私は、少しの刺繍で、もう面倒くさがって手抜きしてしまったのです・・・おまけに下部の野原は花柄の生地にしてしまい、ごまかした感は否めません💦・・・反省です。

N様は次回の講座でキルトにして完成です。

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする