チョー簡単!首回り・袖口・裾切りっぱのTシャツ製作|ポップコーンを食べよう!

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

ここの所涼しい日が続いて、もう秋の気配すら感じます。8月はまだ中旬なので、暑さのぶり返しが怖いですね~!

今月はニット生地で娘の普段着を製作しています。

皆さん縫ったことはなくても、服によく使われるニット生地はご存知だと思います。

簡単に説明すると、ニット生地は糸をループ状に編みあげて作る「編み物」。

私達がよく扱う布帛(ふはく)生地はタテ糸とヨコ糸を交差させて織った「織物」。

ニット生地には色々種類がありますが、今回は「天竺(てんじく)」という生地を使いました。

この天竺ニットは、切りっぱなしにしておくと、よこ地は表側にくると丸まっていきます。たて地は伸ばすと裏側に丸まります。

よこに伸ばすと表側に丸まり、また、カットしてそのままにしておくと、いつの間にか表側に丸まっている。

たてに伸ばすと裏側に丸まる。

そして、嬉しいことにニット生地は布帛生地のように布の端がほつれていきません。カットした直後に多少繊維がぽろぽろ出る程度です。

その性質を生かしてデザインに取り入れられた服を見たことがあります。よく首回りや袖口が切りっぱなしになっているTシャツです。

簡単そうで一度作ってみたかった切りっぱなしのTシャツ!!

わたし用に作ってもおばさんが似合うわけないので、娘用に挑戦してみました!

そしてある程度形になったのがこれ↓です。後は糸の始末をするだけで完成です。

襟・袖・裾の端処理をしないというのは、とっても楽ちん♡でした!!

しかし、ニット生地はどれでも丸くなるというわけではありません。くるくると丸くなるのは、私の知る限り天竺ニットと天竺と同じメリヤス編みで裏がループになっているトレーナ地(裏毛)です。


さてさて話は変わりますが、私は毎晩ネットで色々と検索するのが日課になっています。

読書が嫌いな私でもネットのコンテンツをプラプラと読んでいるのはとても面白いです!それで、意外な発見をしたりもするのですよ!

今回は・・・突然ですが、ポップコーンは好きですか?

私は、特別好きでも嫌いでもなく、行楽地や映画館へ行ったときに口が寂しくなると必ずポップコーンを買います。先日、映画「ジュラシックワールド」を観に行った時もやはり買って食べました(笑)

そのポップコーンが意外にも栄養たっぷりのゴールドフードだという記事を見つけたのです。

バターたっぷりなので、食べ過ぎると不健康なイメージがあるのですが、科学者の間では
健康食だというので・・・驚きです。

では何がいいのかというと・・・

ポップコーンは、果物よりも野菜よりも抗酸化剤が含まれていること。

そしてさらには食物繊維も沢山あり、そのうえポップコーン1人分には300mgのポリフェノールが含まれているというではありませんか!

んん?ポップコーン1人分とは?と調べてみると30gとみれば十分だそう。

口が寂しくて何気に食べていたポップコーンを見直してしまいました!

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする