☆リバティ☆クロッシェ・メドウの3wayバッグ

スポンサーリンク

こんにちは!あきです。

最近、私の姉や私自身のお友達からバッグの注文を頂くことがありまして、製作者としてはとても嬉しく、やりがいを感じています。

しっかり作らなきゃ!と思うと同時に自分の作ったバッグが少しずつ広がって行くことに幸せを感じます。

そのうちの1つ姉のお友達からリクエストのあったクロッシェ・メドウ3wayバッグの製作工程を載せたいと思います。この生地はとても品があって、私自身リバティの中でもお気に入りの1つです!

*完成品と製作工程*

<完成品>

 

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ・タナローン生地(クロッシェ・メドウ)、紺色11号帆布生地、内布用生地、合皮、ファスナー、丸カン、リュックカン、ナスカン、カシメ、紺色アクリルベルト、接着芯、その他

②生地をカットし接着芯を貼ります。

③丸カンタブとファスナータブを作ります。

ファスナータブを作る時、ファスナー両側の布の長さが合うようにします。

④ポケット類を縫います。

正面と背面のファスナーポケットとサイドのポケットを作ります。

⑤ポケット類と本体を合体させます。

正面と背面の間に底の部分の合皮を縫い合わせます。サイドを合体させる時、縫い代をきちっと計って縫います。

⑥合体させたら表に返します。

アイロンで縫い代を平らにしたら表に返し、丸カンを仮止めします。

⑦内布を作ります。

バッグ表と同じサイズになるように内布を作ります。内布に仕切りポケットを縫い付けます。底板のカバーも作っておきます。

⑧バッグ表と内布を合体させます。

バッグ表と内布を中表にして縁の部分を縫い合わせていき、20cmほど縫わない所を作り、そこからひっくり返していきます。形を整えたら縁にミシンで落としステッチをしていきます。

⑩底板を作ります。

底板にはプラスチックをシートにしたものが100円ショップで売られてますので、それを適当な長さにカットし、カバーをしてバッグの底にセットします。

⑪取っ手類を作ります。

取っ手はアクリルベルトに黒色の合皮を縫い付け、カシメを打つ所に穴をあけます。

⑫完成!

取っ手を本体に付けます。この時念の為ボンドを塗り込んでからカシメを打ちます。ショルダーベルトにリュックカン、ナスカンを取りつけ、飾りカシメを付けたら完成です!

11号帆布にバッグ用接着芯を貼っているのでとてもしっかりしたバッグになっています!

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする