振り返る1年・・・区切りの年

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

今日は大晦日・・・今日で今年も終わりですね。

12月は、断捨離を進めていましたが、ただ捨てるとなると勿体ない精神が邪魔をして進まないので、リメイク、ヤフオク出品やリサイクルショップで売るなどして、不要(用)品を無くしていきました。

改めて思う事は ”断捨離” ってやっぱり良いことづくめですね!

まず、物が無くなって家の中がスッキリします。物に囲まれて生活するストレスから解放されます。また違うものにリメイクすれば新たな必要なものになって復活します。

そして何より、、、

「何でこんなもの買ってしまったのだろう・・・」という罪悪感

「売っても二束三文にしかならない・・・買う必要あったのか?」という後悔

が心と頭に渦巻いて、「もう簡単に物を買わない!」と心に誓うのです。「お金を大事に使う」という感情がリセット出来るという事です。この心理的影響はとっても大きいです。

私も断捨離を1年に2,3回実行していますが、そのたびに実感して物を買わなくなりました。


今年を振り返ってみると・・・

私の今年を振り返ると、「別れの多い一年だったな」です。

仕事でお世話になった方が逝ってしまいました。仲の良い友人が遠くへ引っ越して行きました。

手芸店のパッチワーク講座を閉めましたし、キルトリーダーズという団体を退会しました。
勿論、手芸関係は私の気持ち次第で続けることも出来ましたが、そうしませんでした。

また、韓国ドラマが大好きで、14年前に「冬のソナタ」を観てからもう中毒といっても過言でないくらい観てきました。しかし、今起きていることやかつて起きていたことをインターネットを通じて知り始めてから、観る気が全く起きなくなりました。録り溜めていたドラマを全て消し、ツタヤの借り放題会員も解約しました。

今まで私の情報はテレビで得た情報でいいと思っていたしそれ以上は考えようともしなかったのです。活字嫌いだった為、本や雑誌で情報を得るという事もしませんでした。読むといったら手芸の本と雑誌ぐらい。

インターネットのユーチューブは社会に影響を及ぼしましたが、遅れて私にも革命を起こしました(笑)そして、無知とは ”恥” なんだと初めて実感しました。

今はユーチューブを観て、社会で何が起きているのか・・・世の中はどのように考えているのか・・・自分はどう考えるのか・・・と勉強しています。


貴方にとってどのような一年でしたか?そして、来年の目標はできましたか?

これからの来る年が良い年であることを祈るばかりです。

では、今年一年、当ブログを読んで頂けた全ての人に心から感謝申し上げます。良い年を迎えて下さい。

そして、来年もよろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする