タッセルキットでお洒落なチャーム作り!|刺繍糸とキラキラビーズのタッセル

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

今日は初めて“タッセル”なるものを作ってみました。

ご存知かと思いますが、「タッセルって何?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

ウィキペディアには「布の終りの部分に取り付けられる装飾である」「ラテン語で留める物を表す”Tassau”に由来している」等とあります。

よく見かけるのは、カーテンのオシャレな束ね紐の装飾に使われたり、バッグにぶら下がってる飾り物などですね。

タッセルを作りたくて、随分前にヤフーオークションでタッセルキット6個セットを購入。

刺繍糸とビーズで作る6種類のチャームキットが入っていました!

ビーズ細工の品物って「糸が切れるとパラパラとビーズが落ちて崩れてしまうのでは?」と私の勝手なイメージで今までビーズの作品製作には消極的でした。

購入したキットは、刺繍糸の光沢とビーズのキラキラ感が素敵でどうしても作りたくなってしまったのです。

今回はベージュのタッセルチャームが完成しました!

実は、このタッセルチャーム、素敵なのはいいのですが難しかったです!

はじめてのタッセル作りとしてはミスチョイスでした!

それでは、製作工程を載せますので、ご覧ください。

☆ベージュのタッセルチャーム製作☆

最初キットを取り出した時、その材料の細かさ・作り方の細かさに、ボ~然としてしまいました!!

こんなにあります!!

①糸を巻く厚紙を作ります。

型紙があるので、それを厚紙に貼ります。真ん中をくりぬくという発想は良いですよね。次回からも使えます。

②25番の刺繍糸を6本のまま合計52回巻き付けます。所々濃いベージュや赤茶色などの刺繍糸を入れると良い感じになります。

 

②くりぬいたところで結びます。

よくボンボンを作る時にもこのように束ねてかた結びしますよね。緩まない一番いい結び方はないものか?と思っていたのですが、説明書に詳しくありましたのでちょこッと載せておきますね。

ちょっと写りが悪いですね。

最初、束ねた糸に結び糸を2回巻き、2回からめて左右にしめ、上に引っ張るとゆるみが出るのでまた左右に引っ張るといった感じですかね。最後にもう一度からめて結ぶとしっかりしたゆるみの少ないかた結びになるようです。

③②の束を外側に広げ中心に目打ち(楊枝)を通します。Tピンにチップと大き目(6ミリ)のビーズを通して目打ち(楊枝)で開けた穴に下から通します。抜けないようにセロハンテープを貼っておきましょう。

 

④上から1.5㎝あたりを結びます。その後糸を整えて紙を巻き、それを目安に糸をカットすると揃ってきれいにです。

⑤ビーズをテグスに通して形作ります。テグスは2回通すと外れにくいです。

⑥⑤で出来たタッセルのTピン部分と本体の結んだ部分にビーズと飾りパーツでデコレーションします。

⑦別にチェーン飾りも作りました。

⑧タッセルとチェーン飾りを合体させて完成です。

どうでしょうか・・・完成写真に近い仕上がりかな・・・

正直もう少し簡単なタッセルを作ればよかったなぁと思い思い作ってましたが、完成してみるとやっぱり可愛くて満足しました!!

では今日は最後までご覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする