刺繍糸で作るボンボン飾りを製作|刺繍糸の光沢&繊細なふさふさが可愛い♡

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

今日は刺繍糸でボンボン飾りを作ってみました。

前に刺繍糸でタッセルチャームの製作模様を載せましたが、その時のキットシリーズでボンボンチャームというものがあります。今回は、その可愛い”ボンボン飾り”だけを作ってみました!!

普通、ボンボン飾りは毛糸を使って作りますよね。私も毛糸でボンボンを作り、帽子に付けたり巾着の紐の先に付けたりと、その可愛さに心がほんわかしていました!

今回は刺繍糸で作るという事で、あの細い糸がはたしてボンボンになるのだろうか?と不思議に思っていたのですが・・・・

想像以上に、刺繍糸のボンボンは繊細なふさふさ感が出ていたのと糸の光沢感が出て可愛く面白かったです。

では早速、製作模様を載せていきます。

☆刺繍糸のボンボン飾り製作☆

①大きなビーズ(直径13ミリ)の穴に刺繍糸を下から上に通し上側の糸に引っ掛け、糸が並ぶように巻き付けていきます。(最後の糸の始末は、ボンドを付けて穴の中に入れ込みます)

②ボンボンを作る巻き板(厚紙2枚挟んでいます)を作り、刺繍糸7.7mを巻いたところ。巻き板の右部分が途中カットされているので巻く力を気を付けないと長さが違ってしまう~!

③真ん中をしっかり結びます。結んだ片方の糸に針を通しておきます。

④長い9ピンに③の糸を通し束の中央に通したら、片方の糸も9ピンに通し束の中央に通し、9ピンを通した反対側で結びます。

⑤束の輪の真ん中をカット。④で結んだ糸は、束と同じ長さに切ってなじませます。

⑥①の飾り玉と飾りパーツ・ビーズをボンボンに付けた9ピンに通します。

⑦ボンボンの糸を整えて、ピンを1㎝の所でカットしヤットコで曲げて紐通し部分を作れば完成です。

ボンボンに飾りパーツを繋げると可愛さアップですね♡

アクセサリー製作で使うことの多い”ピン”を活用すると、飾りにバリエーションが出て素敵な作品作りが楽しめるのでお勧めです!

今回は、糸を引っ掛けられる9ピンを使用。前回タッセルチャーム作りで使ったピンは、通すビーズが止まるような形状になっているTピンです。(↓左 9ピン、右 Tピン)

では、今日は最後までご覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする