簡単な眼鏡入れを作ってみた!|保冷材でパソコンを冷やせる!?

スポンサーリンク

こんにちわ!はるです。

決まり文句になってしまいましたが毎日暑いですね~~

仕事場に1時間かけて車通勤しているのですが、行きも帰りも救急車に道を譲ることが多い毎日です!

こまめの水分補給と、電気代気にしないでエアコン付けましょうね。

さてさて、お盆休み突入で帰省される方、旅行に出かける方・・・といろいろ楽しくて疲れる期間ですよね!

私は、この休みは普段とあまり変わりなく過ごしています。

今日は、主人が以前お店でもらった眼鏡ケースが壊れてしまったので、作ってほしいとなり、めちゃくちゃ簡単なケースを作りました!!

製作時間はなんと1時間強です。では説明します。

◇簡単!眼鏡ケース作りスタート◇

あきさんからお土産でもらったハワイアンの眼鏡ケースを見本にしちゃいます!

このタイプはシンプルなのに使い勝手がいいです!

胸ポケットに入る幅に調整して型紙を作り、その大きさに表布・裏布・キルト芯をカット。

サイズは、土台面は たて18㎝よこ8㎝ 上になる面(適当)たて16.5㎝よこ8㎝

両面接着キルト芯を使うと、とても簡単に3層になります。それでもいいのですが、味気ないのでキルトラインを書いてミシン掛け!

何となくペッタンコになってしまったのでウールの端切れを重ねて厚くしました。

前の上の部分をパイピングしてから、2面を重ねてぐるっと仮ミシン

パイピングして完成。これなら胸ポケットに入ります!

主人は、バッグを決して持たず、胸ポケットやズボンのポケットにお財布や鍵、携帯を入れます。普段車に置きっぱなしの眼鏡を持ち運ぶ時は無理やりポケットに突っ込みます。

なので、嵩張らないシンプルなケースがいいのです(笑)


話は変わりますが、家で手芸をする時は、ずっとパソコンでYouTubeやアマゾンプライムなど、動画を付けっ放しにしています。

それで、、、3時間ぐらい見ていると、パソコンがメチャクチャ熱くなってきます。

ついには動画画面の真ん中がくるくると回っているような表示のまま動かなくなったり、音声が途切れ途切れになってしまいます。なので一旦電源を切って休ませると、元通りになります。

で、私は今アマゾンプライムで「おっさんずらぶ」を一気見しているのですが、やはり5話あたりから、画面がおかしくなってしまったのです。

どうしても観続けたかったので、電源を切らず、保冷材をパソコンの下に並べ、熱くなる右側面にも置いて・・・↓こんな感じです。

観続けたら、画面が元に戻りスムーズに観ることが出来るようになりました!!

恐るべし保冷材!!

日中、首から上を冷やすのに手拭いに保冷材をくるみ首に巻いて過ごしています(とっても気持ちいいです!)が、パソコンを冷やすのにも有効なんてさすがです。

まぁこんなことができるのもノートパソコンだからでしょうが・・・

では、本日は最後までご覧頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする