☆ハワイアンキルト パンの木のタペストリー☆

スポンサーリンク

aloha!あきです。

「1m×1mのタペストリーを作ろう!」と一念発起して作り始めたのは、ちょうど半年前の5月でした。時々お休みしながら、ひたすらチクチクしてやっと10月の終わりに完成しました!!

6月と7月はキルト展用のバッグを作っていたので、実際にかかった期間は4カ月です。

タペストリーのモチーフは、「パンの木」です。

パンの木は丸々とした実が特徴で、またそれが子孫繁栄・発展の象徴としてとても人気のあるモチーフの1つです。葉の形もとても愛嬌があって(個人的な意見ですが)、デザインを描くのも楽しいです。

今回は、落ち着いた緑の土台地にキャッシーマムの緑~黄色のグラデーションが何とも言えない生地を使用しました。

完成はこちらです。

思っていたより時間がかかってしまいましたが、大きな失敗もなく自分で言うのも何ですが、なかなか良い感じに仕上がったと思います。

いくつか製作工程を載せていきますね。

シンメトリーにカットしたパンの木のモチーフを土台地にアップリケしていきます。

その後、キルト芯を挟み三層にしてしつけをします。

キルトは真ん中から外側に向かってチクチクして行きます。葉脈や実の部分も真ん中から外へキルトして行きます。

今回真ん中に穴を開けずに、刺繍を入れました。


外側のエコーラインは間隔を一定にして縫っていくのが特徴です。端の部分をキルトする時はフープ・安全ピン・ゴムベルトを使います。生地を張りながらキルトが出来るのできれいに仕上がります。

バイアスはミシンと手縫いで仕上げます。   1mのタペストリーなのでバイヤスの幅は2cmとりました。

新年明けたら我が家の発展を願いリビングに飾る予定です。

これからもハワイをイメージするモチーフで、50cm四方のタペストリーや、ティッシュカバー、テレビカバー等たくさん作って行こうと思います!

またご覧頂けると嬉しいです。

それでは、本日は最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする