使わないカーテンで座布団カバーを作ってみた|カーテンリメイク

スポンサーリンク

明けましておめでとうございます!はるです。

年が明けてあっという間に一週間が過ぎているではありませんか!

なんか・・・年をとるごとに時間の流れが早く感じられますが・・・

9連休の年末年始、皆さまはどう過ごされましたか?

私はいつもと変わらず、自宅と仕事場の掃除をして、主人の実家に顔を出して、成田山にお参りして、手芸して・・・といった感じでした。

成田山新勝寺は「新年三が日の例年の人出をもとにした初詣人出ランキング」で近年は1位だそうで、「どうりでこの頃凄い混雑するんだな~」と思った次第です。

千葉県人の私としては1位というのは何気に嬉しいです!やはり、好きではないですが市川團十郎効果もあるのですかね(笑)

さてさて、毎年、年初めに一年の目標を立てるのですが、今年はズバリ「断捨離」です。

家の中に物が溢れて・・・見ているだけでイライラして、ストレスがたまり、気が何かに吸い取られる感じでやる気がどうにも出ない!

一家の主婦として、このやる気の無さはどうなのよ???ってことで、今年こそは大規模断捨離を実行しよう!と決めました。

それでまず、不要なのに仕舞いこんで場所をとっているカーテン達をリメイクします。

今回は不要なカーテン全てを残さずカバーにリメイクします。

「そんなもん、捨てちゃえばいいのに・・・」と思う方もいらっしゃるでしょう・・・

しかし、執着心が強い私は、″いつか使う→何かに役に立つ→捨てるのは勿体ない” と捨てれずにいるのです!!

それで、とにかく簡単に作れて役に立つもの!で思いつくのはやはりクッションカバーや大きなトートバッグにリメイクすること。

特に座布団やクッションのカバーは思った以上に生地を使うので、カーテンのリメイクには最適です。

今日作るのは、この座布団のカバーです。

これは仕事場でとても愛用❤していまして・・・お昼休みになるとこの座布団の上でゴロゴロしています。標準サイズの座布団を2枚並べた大きさです。

カバーがなく、いつも大きなバスタオルを覆って使っていたのですが、座ったり、寝そべったりするたびにバスタオルがぐちゃぐちゃになって面倒でした。
不要カーテンの中に大きさも素材(柔らかい)もピッタリのカーテンがあったので俄然やる気になりました!

◇簡単座布団カバーの製作開始◇

1、座布団の上に畳んだカーテンを置いて、余分な部分はカット

生地が足りないとカーテンのフックを付ける部分や三つ折りに始末された部分の縫い糸をとって広げて使うのですが、今回は十分長さがあるのでカットします。

カバーは、中に入れる物の大きさより若干小さく作ります。中でゴロゴロする感じが嫌だからです。

2、カーテン生地のカットされた部分はほつれやすいので、ジグザグステッチのミシンをかけてほつれを防止します。

3、二つに畳んで、3辺を3㎜の針目で縫っていきます(ファスナーを付ける部分は縫わない)。

4、ファスナーを適当に縫いつけたら、表に返して完成。

ファスナーは、ぼろぼろになった既製品の掛布団カバーにあったものを再利用。必要な長さにカット出来て意外👀に使えます!

これで、バスタオルを覆わなくてもよくなりました!

カーテン生地って色々な種類がありますよね。

今回は、寝っ転がったり、頭を高くするために丸められる柔らかい素材のカーテン生地を使いました。

リメイクの私なりの鉄則は、「面倒くさいことはしない!」という事です。

ファスナー付けもきちんと縫いません。付いてればいい!ぐらいの気持ちで作っていきます。

まぁもちろん例外もあります。よほど元の生地や物が気に入っている場合はそれなりに作りますが・・

でも、新しいものから新しいものを作りだすわけではないのですから、殆どは適当です。

捨てるよりは良い!ぐらいの気持ちです(笑)

では、本日は最後まで読んでくださり有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする