☆リバティ・エドナの3wayバッグをヤフオクに出品中!(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!あきです。

新型コロナの感染拡大で緊急事態宣言が出されていましたが、感染者が減少して宣言が解除され始めました。私の住んでいるここ、千葉県はいまだ解除されていませんが来週にはされそうです。

嬉しさより不安の方が大きく、特に子供が学校が始まると、電車に乗ったり、いろいろな方と接するので少し心配です。せめて帰ってきてからの手洗い・うがいは徹底させようと思います。

今回は、リバティ・エドナという生地(タナローン)で3wayバッグを作りました。

完成品と製作工程を載せましたので、お時間がございましたらご覧下さいませ。

*完成品と製作工程*

<完成品>

 

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ・エドナ(タナローン)、デニム生地、内布用生地、合皮、ファスナー、丸カン、リュックカン、ナスカン、カシメ、モカアクリルベルト、接着芯、その他

②生地をカットし接着芯を貼ります。

③丸カンタブとファスナータブを作ります。

ファスナータブを作る時、ファスナー両側の布の長さが合うようにします。

④ポケット類を縫います。

正面と背面のファスナーポケットとサイドのポケットを作ります。

⑤ポケット類と本体を合体させます。

正面と背面の間に底の部分の合皮を縫い合わせます。サイドを合体させる時、縫い代をきちっと計って縫います。

⑥合体させたら表に返します。

表に返したらアイロンで縫い代を平らにします。

⑦丸カンタブを仮止めします。

上部の縁にジグザグミシンをし、丸カンを本体に仮止めしておきます。

⑧内布を作ります。

バッグ表と同じサイズになるように内布を作ります。内布に仕切りポケットを縫い付けます。底板のカバーも作っておきます。

⑨バッグ表と内布を合体させます。

バッグ表と内布を中表にして縁の部分を縫い合わせていき、20cmほど縫わない所を作り、そこからひっくり返していきます。形を整えたら縁にミシンで落としステッチをしていきます。

⑩底板を作ります。

底板にはプラスチックをシートにしたものが100円ショップで売られてますので、それを適当な長さにカットし、カバーをしてバッグの底にセットします。

⑪取っ手類を作ります。

取っ手はアクリルベルトに合皮を縫い付け、カシメを打つ所に穴をあけます。

⑫完成!

取っ手を本体に付けます。この時念の為ボンドを塗り込んでからカシメを打ちます。ショルダーベルトにリュックカン、ナスカンを取りつけ、飾りカシメを付けたら完成です!

こちらのバッグのヤフーオークションにご興味頂けましたら、こちら をぜひ覗いてみて下さい!

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする