噛み猫から家猫になった心愛♡

スポンサーリンク

とうとう10月になりました。今年も残すところ3か月・・・

心愛を保護してから4か月が経とうとしています。

初めて猫を飼うことになって戸惑っていた梅雨の時期から夏となり秋となり・・・早いものです!

そして、噛み癖が酷かった心愛は、この頃、噛みつきが減って来た感じがします。というか強く噛むということが少なくなったような・・・

もちろん、あの細く鋭い歯に噛まれると、弱く噛まれても痛いと感じるけど力を入れて噛む回数が減ってきたのです。

ほんとこの日を待っていたよ~~👏🎉

歯の生えかわりが終わったのだろうか?それとも私たちへの警戒心が無くなったのか?

どちらにしても、私は心愛への印象が良くなった!(^^)!

強く噛まれないと、なんか顔まで可愛く見えるから不思議♡

猫ちゃんでも一緒に暮らすと情って移るものなんだなぁ~

そして、私はひねくれているから可愛いとなるといじめたくなる。

心愛の鼻と口を塞いで、いつまで我慢できるか試してみた(*^。^*)・・・・・

けど、すぐに猫キックをされて終了。

猫パンチは当たるとプユプユしていい感じ♡だけど、猫キックはハイスピードの連続キックで結構強烈だ!爪が伸びていると血が出てしまうことも。

新型コロナの影響でリモート授業onlyだった娘の大学が再開され登校するようになってから、
私が心愛の世話することが増えました。

今まで娘があげてた心愛の大好きなおやつ ”チャオチュール” を私もあげてみた👀

1日に1回、お座りと言うと自然に体がお座りの形になる。ふつうのご飯タイムはお座りって言ってもしないのに・・・・お座りの意味は分かってないけど、そうすればチャオチュールがもらえると思っているのかな・・

目を細めて美味しそうに食べる♡・・・美味しい気持ちがこちらにも伝わるぐらい、必ず目を細めて食べるお顔が可愛い♡

今までの私だったら、ただの猫の顔と思うだけなのに、今は心愛の喜怒哀楽さえ勝手に解釈するようになった!

ともかく心愛は、”噛み猫”卒業でとうとう本当に我が家の家猫になってくれたようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする