猫仕様の部屋にチェンジ完了

スポンサーリンク

心愛は今日も元気に家の中を走り回っています。

とうとうキッチンでは直接 調理台にジャンプできるようになった心愛。

火がついてようが水浸しになってようがお構いなしに、コンロ台や調理台にジャンプしてくる!!

細く長いしっぽがコンロの火に触れそうになる時なんかは、本人(心愛)は気付かないので、私が焦って動きを止めます。

1度でも本当にしっぽの毛が燃えて痛い思いをしたら、もうコンロ台にはのらなくなるのだろうな・・・。

また、リビングでは飾ってある人形の硝子ケースにジャンプしてのるようにもなった!

それはほんと不味い!!

ケースの硝子に5㎝ぐらいのヒビが入っているので、のられた衝撃でいつ割れてしまうかハラハラものです💦

早急に対処しないと事故につながる~~

それで先日ホームセンターで木材とボードを買ってきました。

お店でカットしてもらった木材を組み立てて、人形ケースカバー↓を作りました。

実はこれ、家具と家具の段差を考えて配置すると、猫ちゃんの大好きな上下運動が出来る一石二鳥のアイテムになるのです!

高い所が大好きな猫ちゃんにとって、高さ180㎝もある本棚や食器棚の上からの眺めは極上の快感に違いない!というか、安心する場所となること間違いなし!です。

いす → ラック → 人形ケースカバー → 本棚上 と、この動線がいたく気に入ったみたい💛・・・登ったり降りたりの動きが早い!し、けっこううるさい!!

ベッドと爪とぎを置いたら、下で遊び飽きると上で寝てることが多くなりました。

まだ子猫の心愛は、登るのは得意だけど降りるのは不得意らしく、段差が大きいとなおのこと怖いよう。そういえば、初めて3段のケージの上にのった時は、降りられず私が抱っこして降ろしたのでした。

さて、これで人形ケースも守れるし、心愛のいい運動場所にもなって一件落着。

次は、キッチンの出入り口を塞ぐべき、182㎝×90㎝ のボードを購入。

それは、そのままのサイズでピッタリハマった!ので断面の処理(セロハンテープで断面を保護)と取っ手をつけて終了。

キッチン側の壁と冷蔵庫の間にボードを入れて、引き戸のようにして開閉します。

このボードを、あの最強の猫の手で開けることが出来るのか?これから様子を見ていこうと思います。

細かいごちゃごちゃしたものが全て見えなくなりすっきりした部屋になり、これで、猫仕様の部屋にほぼ出来ました。

これから、この部屋を維持できるか?いや、しなければならない!!
それは、この前、事務所に連れて行った時の、あの ”家につく猫”心愛 を知ってしまったので、連れていくのは控えることにしたからです。

となると、この部屋の中で長い時間、心愛だけで過ごすことになります。

事故が起きないよう、整理整頓を家族全員で意識していかなくてはと思うのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする