ジーンズのリメイクをお考えの方必見!バイカラーで古さをカバー

スポンサーリンク

こんにちは!

前にジーンズのリメイク作品のお話で、使いづらいバッグを作ってしまったので再リメイクすることを書いたのを覚えていらっしゃいますか?

このブログを初めて覗いた!または思い出せない方はどうぞ「ジーンズのリメイク」をご覧ください。

それであれから、「どんな風なデザインが着古したジーンズの古さを感じないで使えるバッグに復活できるか・・・と考え、そのジーンズの解体した布と新たに選んだ布を眺めながら、あれやこれやと試行錯誤して、やっと完成しました!!

常に私の作るものを厳し~い目で見る娘用の普段に使うバッグにしたかったので、ちょっと真剣に考えて製作しました。

完成を娘に見せたとき、「これなら使える」と受け入れてくれたのでホッとしました。

今回はジーンズのリメイクをお考えの方の参考にして頂ければと思い、作り方を簡単にご説明します。

スポンサーリンク

<ジーンズの再リメイク>

ジーンズをリメイクする一番の魅力は、丈夫さとポケットの多さです。
しかし、それは逆に、扱いにくさと縫いにくさになったり、切り捨ててしまうには勿体ないので生かしたいという衝動に駆られます。
その結果、必要のない部分まで残してリメイクの幅を狭めていたんだ~と気づきました。

それで、まず、前のチャックの部分とベルト通しを取り除きました。(実はここを残した方がカッコいいし、チャームをさげたりと何かに使えると思っていたのです。)

ジーンズのリメイク

ズボンの形状を考えると、多少斜めになりますがそれでも真っすぐを意識して前の部分を
縫い合わせます。

ジーンズのリメイク
次に前の部分をしっかりアイロンをかけて平らにし、差し込み錠の受け金具を付けます。

差し込み錠の付け方

金具を付け終わったら底を縫い付けます。

ジーンズのリメイク

取り出し口のかぶせるふたの部分を作ります。ちょっとしたものを入れるためのポケットを付けたい時は最初にファスナーポケットを付けます。

ファスナーの付け方

外布の本体の中に内布を入れて入れ口部分を縫い合わせます。

表布と内布を合わせる

本体にかぶせるふたの布とベルト用タグを取り付け、ショルダーベルトを通して完成です。

ジーンズのリメイク
大きさは、A4サイズのクリアファイルが入りますので便利です。

ジーンズのリメイク ジーンズのリメイク

差し込み錠の付け方は、その金具の形状により違ってきます。

今回は「どのようなバッグにしようか」とそればかりに気が行ってしまい、付け方説明の写真をうっかり撮るのを忘れてしまったため付け方のご説明は出来ませんが、比較的どれも簡単です。

金具やカシメなどを付けると、プロっぽく見えてちょっと嬉しくなりますよ!

では、本日は最後まで読んでくださりまして有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする