オレンジ&イエロードットのショルダーバッグ製作|ヤフオク出品中(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

新型コロナの感染者が爆発的に増えていて、前にも増してマスク着用とアルコール消毒強化に励んでいます!!

そして家にいる時間が長くなればなるほど、テレビでオリンピック観戦はもちろんのこと、ネットに向き合う時間が増えてきています。そうなると、始めは観るつもりがなかったのに、勝手に流れてくる広告で怖いことを言っているのに聞き入ってしまい、興味が沸いてそればかり検索してしまうように・・・

結局私は(というか政治家を志していたり、右翼・左翼でない限りみんな同じだと思いますが)平和ボケしていて、日本や世界で何が起こっているかをこんなに知らなかったんだ・・・と呆然としてしまいました。

その時は、知らない方が気持ちが暗くならないし楽で良かったのに・・・と思うのですが、まぁ、ネットで観たものを丸ごと信じるというのはよくないので、正しいのか正しくないのかを自分で調べて見極めています。

そして、これからを生きる子供には将来に備えるよう伝えていこうと思った次第です。

さて、今回はオレンジ&イエロートッドの生地を使ってショルダーバッグを作りました。

完成品と製作工程を簡単に載せましたのでお時間のある時に是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

* 完成品と製作工程 *

<完成品>

<製作工程>

①材料を揃えます。

オレンジ&イエロードットの生地、オレンジデニム生地、内布生地、35㎝ファスナー、マグネットボタン、きなり色アクリルベルト、丸カン、リュックカン、接着芯(厚手タイプ・バッグ用)、その他

②生地を計り裁断し、それぞれに接着芯を貼ります。

③表面と後ろ面をそれぞれポケットを縫い付け、サイドから底の部分を繋げます。

④表側本体を仕立てます。

サイド+底+サイドと接いだ布に後ろ面・表面と中表に縫い合わせていきます。縫い終わったら表に返します。

⑤内側本体を仕立てます。

内側本体を仕立てる時、底の方に返し口を作るのを忘れないようにします。

⑥表側本体と内側部分を合体させます。

⑤の内側部分に④の表側本体を入れて合わせ、上をグルっと縫い合わせます。

この時、表本体両サイド上部にショルダーベルト通しの丸カンタブを仮縫いしてから縫い合わせます。

⑦内側底の返し口から本体を出して形を整え、返し口を縫い合わせます。

⑧ベルトを付けて完成!

ショルダーベルトにはアクリルベルト芯を使います。約145cmカットし、リュックカンを付けてから丸カンに通します。

このバッグは只今ヤフオクに出品中です。ご興味頂けましたら、こちら をぜひ覗いてみて下さい!

それでは、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする