リバティ*Josephineジョセフィン*ショルダーバッグ製作|ヤフオク出品中(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

この頃、飼い猫の心愛が夜中に鳴くようになり、眠りの浅い私は3時間ごとに起こされ寝不足状態になってしまいました💦

何故いきなり鳴くようになってしまったの?発情期の鳴き声やマーキングなどを避けるために去勢手術は随分前に済ませたのに・・・

それに関心が無かったぬいぐるみに対して、鳴きながらマウンティングをとる姿(人間で言うと取っ組み合いをしている感じ)を目撃するようになりました。まぁこれはジャレて遊んでいる様にも見えるので大きな問題ではないけど・・・。

今のところ、リビングにケージを置いているけど、真夜中の大きな鳴き声が襖一枚隔てた主人の部屋にダダ漏れなので、このまま夜鳴きが続くようならケージの位置を変えるしかないのか?・・・と考え始めた今日この頃です。

さてさて、今回はリバティのJosephineジョセフィンの生地を使ってショルダーバッグを作りました。

完成品と製作工程を簡単に載せましたのでお時間のある時に是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

* 完成品と製作工程 *

<完成品>

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ生地、紺の11号帆布生地、内布生地、ファスナー、マグネットボタン、紺色アクリルベルト、丸カン、リュックカン、接着芯(厚手タイプ・バッグ用)、その他

②生地を計り裁断し、それぞれに接着芯を貼ります。

③表面と後ろ面をそれぞれポケットを縫い付け、サイドから底の部分を繋げます。

④表側本体を仕立てます。

⑤内側本体を仕立てます。

内側本体を仕立てる時、底の方に返し口を作るのを忘れない。

⑥表側本体と内側部分を合体させます。

⑤の内側部分に④の表側本体を入れて合わせ、上をグルっと縫い合わせます。

この時、表本体両サイド上部にショルダーベルト通しの丸カンタブを仮縫いしてから縫い合わせます。

⑦内側底の返し口から本体を出して形を整え、返し口を縫い合わせます。

⑧ベルトを付けて完成!

ショルダーベルトにはアクリルベルト芯を使います。約145cmカットし、リュックカンを付けてから丸カンに通します。

このバッグは只今ヤフオクに出品中です。ご興味頂けましたら、こちら をぜひ覗いてみて下さい!

それでは、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする