リバティ*ストロベリーシーフのショルダーバッグ製作|ヤフオク出品中(終了)

スポンサーリンク

こんにちは!はるです。

車で仕事場に向かう途中、時々道路のわきに車にひかれた黒猫を見ることがあります。

猫を飼う前はそれほど悲しい気持ちになることは無かったけれど、猫を飼っている今は可哀そうに思うようになりました。

家猫と野良猫では寿命が10年ぐらい差があると聞いて驚きましたが、交通事故で命を落とす猫が多いということで、道路で猫の死体を見る多さに納得しました。

猫の一瞬の飛び出しは、車を運転する者として避けられるか分かりません・・・が、なるべく轢かないよう周りをよく見て運転しようと思った次第です。

さて、今回はリバティのストロベリーシーフ(タナローン)の生地を使ってショルダーバッグを作りました。

完成品と製作工程を簡単に載せましたのでお時間のある時に是非ご覧下さい。

<完成品>

<製作工程>

①材料を揃えます。

リバティ生地、ベージュの厚手生地、内布生地、ファスナー(12㎝・36㎝)、差し込み錠、マグネットボタン、茶色アクリルベルト、丸カン、リュックカン、接着芯(厚手タイプ・バッグ用)、その他

②生地を計り裁断し、それぞれに接着芯を貼ります。

③表面と後ろ面をそれぞれポケットを縫い付け、サイドから底の部分を繋げそれぞれ完成させます。

④表側本体を仕立てます。

  

⑤内側本体を仕立てます。

内袋部分とファスナー部分を縫いつけてから、上部の布を縫い足します。

⑥表側本体と内側部分を合体させます。

⑤の内側部分に④の表側本体を入れて合わせ、上をグルっと縫い合わせます。

底の返し口は大きめに開けときます。

⑦内側底の返し口から本体を出して形を整え、返し口を縫い合わせます。

⑧ベルトを付けて完成!

ショルダーベルトにはアクリルベルト芯を使います。約145cmカットし、リュックカンを付けてから丸カンに通します。

このバッグは只今ヤフオクに出品中です。ご興味頂けましたら、ぜひ覗いてみて下さい!

それでは、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする